医者のアドバイスを聞いている夫婦

タイミングと薬剤

裸の赤ちゃん

結婚したら子供が欲しい、と思っている夫婦は多いです。通常なら男女とも健康的な体で、一般的な性生活を行っている場合は2年間で妊娠することができます。
つまり、2年を過ぎても妊娠ができなかった場合は、不妊症ということになります。不妊症は、以前までは女性だけが原因と言われていましたが、医療技術の発展により、男性が原因の場合もあることがわかってきました。ですから、不妊治療を行う場合は、夫婦で行うことが大切です。
不妊治療の方法は様々ありますが、基本となるのは、性行為のタイミングです。排卵の時期に合わせて、性行為をすることで妊娠する確率を上げることができます。
排卵日を知るためには、毎日基礎体温を記録することが重要になります。また、それだけではなく、エコー検査をしたり、ホルモン濃度などを確認したりして、具体的に排卵日を予測していきます。
また、女性だけではなく、男性も準備することがあります。それは、排卵日予定の3日間~5日間は射精を控えることです。
毎日射精していうと、精子の数が少なくなってしまい、受精率が下がってしまうからです。しかし、6日以上射精をしないと、精子の質が下がってしまうので、注意が必要です。

不妊治療は、治療費用が高く、注射を頻繁に行い痛いイメージが強いですが、最近では費用を安く抑えることができ、体への負担も少ない飲み薬で治療を行うこともできます。
不妊治療で使われる薬剤は、妊娠する体を整えるためにホルモンに働きかける物が多いです。黄体ホルモン製剤を服用することで、子宮内膜を成熟にすることができます。
しかし、黄体ホルモン製剤は人によっては、副作用が表れることもあるので、全員負担が少なくなることでは無いので注意が必要です。

女性が原因の場合

不妊症の場合は、不妊治療をすることで治すことが出来る場合があります。女性が不妊の原因となっている場合は、婦人科で検査、治療を行いましょう。膣と経管の異常、子宮の異常、卵巣の異常などが原因で、女性不妊なることがあります。

お腹の中の赤ちゃんや妊婦もカルシウムが必要です。普通の食事では中々摂れないと思いますので是非弊社の商品をご利用ください。

治療にかかる費用

不妊治療をする際に気になるのが、治療にかかる費用です。治療内容によっても費用は異なりますが、体外受精だと約30万円、人工授精だと約10,000円~30,000円、顕微受精だと約40万円の費用になります。

信頼できる病院

不妊治療を行う上で大切なのは、病院選びです。不妊治療というのは短期間ではなく、長期的に続くものですから、信頼できる病院で治療することが大切です。男性不妊の治療を行っていない病院もあるので、確認が必要です。

不妊治療は進化していて、治療法も様々ある

Copyright © 2015 不妊治療は進化していて、治療法も様々ある. All Rights Reserved.